ページの本文へ

日立産業制御ソリューションズ

Hitachi

WebCaby−データ管理ソフトウェア−図面も、画像も、文章も。まとめて管理、思い通りに活用!

製品概要

WebCabyは、オフィスにも工場にもフィットするドキュメントデータ管理システムです。操作はWebブラウザで行うので、ホームページを閲覧する感覚で、図面やCADデータ、文書、表計算、図面などの多彩なデータを管理できます。紙でも電子データでも登録が可能なWebCabyで、情報をもっと上手に、手軽に活用しましょう。

WebCabyの特徴

オフィスのドキュメント管理

事業所間などのイントラネット上でも違和感なく利用できるので、全社のドキュメント管理システムとしてご活用いただけます。

オフィスのドキュメント管理イメージ

  • MicrosoftOfficeなどで作成した技術文書や見積書、AcrobatのPDFに変換された社内規約書、デジタルカメラのJPEGなど、さまざまなデータの一元管理ができます。
  • 利用者のパソコンから、Webブラウザを介してデータの登録・閲覧・検索ができます。
  • 複合機「Apeos」との連携で、紙ベースのドキュメントを効率良く電子化してWebCabyに登録&登録データをプリントアウトできます。*1
  • イメージOCRスキャナ「HT−4138」と組み合わせることにより、検索情報を自動抽出できます。*2
  • *1 オプションの「複合機連携」が必要です。
  • *2 オプションの「ORC連携」が必要です。

製造業の設計部内図面管理

2次元CAD(ACROVA GMM、AutoCAD)、3次元CAD(SolidWorks)のデータを管理できます。

製造業の設計部内図面管理イメージ

  • 2次元CADでは、図面の仕掛管理も対応できるので、設計情報のライフサイクルを効率的に管理・運用することが可能です。*3
  • 3次元CADでは、完成モデルデータの管理により、膨大な3次元データを効率的に管理・運用することが可能です。
  • 基幹システムとの連携により、受注データをもとにし生産部門へ必要な図面データを一括出図することや、図面データと生産指示書など、登録データを自動的にマージし出図することも可能です。*4
  • 生産現場などキーボード操作をするのに困難な環境でも利用できる、バーコードによる図面検索システムの構築が可能です。*5
  • *3 オプションの「CAD連携機能」が必要です。
  • *4 オプションの「データ出力機能」が必要です。
  • *5 オプションの「バーコード検索機能」が必要です。